犬神家の一族

提供: #もの書きWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

金田一耕助シリーズ。信州財界の大物・犬神佐兵衛の遺産と奇怪な遺言によって起きる連続殺人事件。

三度の映画化、五度のテレビドラマ化が行われている。有名なのは1976年監督:市川崑、金田一:石坂浩二によるもの。

横溝正史

用語や登場人物[編集]

金田一耕助
遺言公開により遺産争いが起きると予感した若林弁護士の依頼で事件にかかわる
犬神佐兵衛
信州の大物財界人。正妻は娶らず、母親の違う三人の娘がいる
野々宮珠世
佐兵衛の恩人野々宮大弐の孫娘。遺言で「佐兵衛の三人の孫のうち珠世が婿に選んだものに遺産を与える」とされたために巻き込まれる
犬神松子・竹子・梅子
佐兵衛の三人の娘。それぞれ母親は違う。
犬神佐清
松子の息子。戦争で顔を損傷したため、頭をすっぽりと覆うほどのゴムマスクを常にしている
犬神佐武
竹子の息子
犬神佐智
梅子の息子
犬神寅之助
竹子の夫
犬神小夜子
竹子の娘
犬神幸吉
梅子の夫
古舘恭三
犬神家の顧問弁護士。佐兵衛の遺言状を保管していた。
若林豊一郎
古舘法律事務所の職員。金田一に依頼をしたが、会う前に死亡。

メモ[編集]

書誌情報[編集]

角川文庫[編集]

あすかコミックスDX[編集]

サスペリアミステリーコミックス[編集]

DVD[編集]

1976年公開映画版

話題まとめ[編集]

チャットログ[編集]

書評[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]