鍼原神無

提供: #もの書きWiki
移動先: 案内検索

鍼原 神無〔はりはら・かんな〕[編集]

時々野暮になるダジャレスキー。MtFTG(Male to Female Trans Genderist)。

チャットでの表記は、「かんな」でも「カンナ」でもオッケ☆

属性
チャットに参加してる目的
  • いろいろ、考えの違う人とやりとりして、心と頭の柔軟体操。
  • 若い人たちに、若い人言葉の使い方を教わる。

作品[編集]

アタシの内では、創作の優先度高くはなく。今は「しっかりした批評文を書いて公表する」のが、私的な目標になってます。

最近ちょっと小説らしきものを書いて公開したりしました。
以前、小説らしきものを書いて、公表したこともあります。真似事ですね。
⇒ 『口下手な彼
『口下手な彼』旧版

好きな作家、作品[編集]

古い感じの伝奇モノ(70年代伝奇とか)が好きらしい。

後、サイコ・サスペンスも好きらしいけど、こっちも、サイコなら何でもいいわけでもないみたい。

  • 神々の山嶺』(夢枕 獏)
    幻獣とか格闘家とか出てこないけど。結末が伝奇風味なのが夢枕よね。
  • アニメ『少女革命ウテナ』(ビーパパス)
    マッチョの人にはお勧めしません。出てくる♂キャラ、みんなどっか情けないから、楽しめないかも。お人よしさ加減が限度無い主人公、見てて面白いしハラハラします。
  • MONSTER』(浦澤 直樹)
    PLUTO』、『20世紀少年』だって、面白いですけど。完結してるのだと、『MONSTER』が最初に思い浮かびます。
    YAWARA!』も好きです。本阿弥 さやかが(笑)。
  • 哲学者の密室』(笠井 潔)
    長編ミステリ連作の4作目。今5作+1作、都合6作出てるけど。主人公のライバルが、1番かっこいいのコレだと思います(宿敵の人は別格で)。
  • ドラキュラ崩御』(キム・ニューマン)
    強いていえば、架空歴史モノの長編連作。3作目。1作目がヴィクトリア朝時代、2作目が1次大戦、3作目が冷戦時代。3作めのパラレルな現代は、皮肉っぽい料理ににやにや。通して読むと、現代に近づくほど英雄が成り立たなくなってる流れ。ラスト・シーンがいいな。
  • HUNTER×HUNTER』(冨樫 義博
    現在進行中の「キメラアント編」すごいねー。どうなるんだろーねー。
  • 『もうひとつの青春 同性愛者たち』(井田真木子)
    ノンフィクション。小説のようにも読めるので、ノンフィクション・ノヴェルって思って構わないと思う。井田真木子の本は、どれもお勧めだけど。アタシの好みでは、やっぱりこれ。文章の芸、文章の力が強い。『プロレス少女伝説』もお勧め☆
  • 『オンゴロの仮面』(諸星 大二郎)
    週刊「少年チャンピオン」連載だったのね。今見ると、伝奇物語だけど、ちゃんと少年マンガ風になってるとこに好感。
  • 『プライド』(一条ゆかり)
    ベテラン・マンガ家の最長長編で力作☆
  • おおきく振りかぶって』(ひぐちアサ)
    最近(2007年頃)ハマっちゃった。

関連話題[編集]

お勧め図書[編集]

いじってるWiki[編集]

メモ[編集]

  • 最終更新=2010年10月15日

リンク[編集]