椎出啓

提供: #もの書きWiki
移動先: 案内検索

椎出啓( Siide Kei )[編集]

北陸の文章書き(今は長野県)。燃料はプリンシェイク。

萌え切りの大家。ネタを振れば萌えにする、振らなくても勝手にネタにして萌えにする。

親子丼は椎出が突発的に書く、萌え萌えな展開の小噺。『彼氏』と『彼女』の会話のみで構成される。

以前使用していたハンドルネームから「枕」と呼ばれることもある。

他者の作品の設定を間借りして自分の世界をつくるクセがある。たとえば親子丼の彼氏と彼女が住んでいるのは、銅大氏のくまたんの主人公のアパートの、隣室である。はつゆきは、同じく銅大氏の龍の守護者と同じ世界の話である。

作品[編集]

好きな作家[編集]

もし5人挙げるなら

もっと挙げていいならみず谷なおき秋津透池波正太郎山本弘広江礼威藤枝雅ってあたり。

小学校の時に新井素子に出会い、コバルト文庫で当時発行されていた著作を読み漁る。それでも足りず、町立図書館にあった単行本を読み漁る。『……絶句』を読破。

中学校、高校の時は秋津透にはまる。ルナ・ヴァルガーとか。漫画ではみず谷なおきに出会い、ラブコメの基幹技術について学ぶ。TRPGを始めたのも、このころ。ソードワールドがメインだった。

大学在学中、ろくごまるに雑破業を読みまくる。このあたりで、だいたい文体が固まってくる。入院したときに池波正太郎を読む。病院の書店にはライトノベルはおいてなかったのだ。雑破業なんてあるはずもなく。

同人誌[編集]

  • 親子丼(通称『同人誌版親子丼』)
    • コミックマーケット68(2005年夏コミ)発行
    • (金)西し−24ab T.I.T.S.&P.T.A.他にて委託
    • 2004年8月から2005年3月に発言したものから選りすぐったバカ話と、書き下ろしたバカ話が収録。
  • ボイスドラマ(通称『ボイスドラマ版親子丼』)
    • コミックマーケット69(2005年冬コミ)発行
    • (金)西か-14b Black Heart☆発行『星の標-Hoshi no sirube-』に収録
    • 同人誌版親子丼より七編を脚本化して収録

資料リンク[編集]

リンク[編集]