ウェルズ『宇宙戦争』

提供: #もの書きWiki
Jump to navigation Jump to search

宇宙戦争 The War of the Worlds[編集]

H・G・ウェルズ

用語や登場人物[編集]

用語や人名
解説

メモ[編集]

  • オーソン・ウェルズによるラジオドラマは、全米にパニックを引き起こしたとの伝説が語り継がれている

書誌情報[編集]

各社から翻訳出版されている

角川文庫[編集]

訳:小田麻紀

創元SF文庫[編集]

訳:中村融

青い鳥文庫[編集]

訳:加藤まさし

ハヤカワ文庫SF[編集]

訳:斉藤伯好

偕成社文庫[編集]

訳:雨沢泰

H・Gウェルズの宇宙戦争—CD+BOOK[編集]

音楽番組を流していたCBSラジオが番組を中断して、火星人のニュージャージー侵入をニュース速報で伝えたことから、このドラマは始まる。“視聴者は600万人にのぼり、そのうち100万人が家を逃れ、教会やバスターミナルに押しかけ満ちあふれたという。”Orson Wellesが主宰する""The Mercury Theater on the Radio""で放送されたもので、20世紀が残した歴史的名作である。

DVD[編集]

監督バイロン・ハスキン[編集]

監督スティーブン・スピルバーグ[編集]

監督デヴィッド・マイケル・ラット[編集]

話題まとめ[編集]

チャットログ[編集]

http://www.cre.ne.jp/writing/IRC/write/2005/07/20050722.html#200000
スピルバーグ版の映画に「大阪じゃ何匹かやっつけたそうだぜ」という台詞が。

書評[編集]

資料リンク[編集]

The War of the Worlds by H. G. Wells - Project Gutenberg
プロジェクト・グーテンベルグにある英語原文

リンク[編集]

TrackBack[編集]

テンプレート:trackback