アヒルと鴨のコインロッカー(映画)

提供: #もの書きWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』は、作、伊坂幸太郎の同題小説を原作に、日本で製作された劇映画。110分。

ザナドゥーの配給で、2007年6月23日から全国公開された。ただしロケ地だった宮城県では2007年5月12日から先行公開も。

2008年にデスペラードから、DVD商品が発売(販売元アミューズソフトエンタテインメント)。

原作:伊坂幸太郎アヒルと鴨のコインロッカー

製作:『アヒルと鴨のコインロッカー』製作委員会

監督・脚本
中村義洋
脚本
鈴木謙一
撮影
小松高志
照明
松岡泰彦
音楽
菊池幸夫

用語や登場人物[編集]

用語や人名
解説
『アヒルと鴨のコインロッカー』製作委員会
以下の企業が参加した。
アミューズソフトエンタテインメント、スカパー・ウェルシンク、デスペラード、ダブ、読売広告社、東日本放送、河北新報社。

メモ[編集]

  • 劇中歌、エンディング主題歌として、ボブ・ディランの「風に吹かれて」が使用された。

商品情報[編集]

DVD[編集]

原作本[編集]

話題まとめ[編集]

チャットログ[編集]

http://www.cre.ne.jp/writing/IRC/write/2004/06/20040609.html#160000
「お前ら、とにかくこの作品読まなきゃ駄目だ!」と叫びたくなる作品だった
http://www.cre.ne.jp/writing/IRC/write/2007/06/20070622.html#190000
映画を原作者がインタビューで「すごく気に入った」と言ってるので観てみたい。

書評[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]