アーサー・C・クラーク

提供: #もの書きWiki
2017年4月15日 (土) 21:15時点におけるOchabot (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「== アーサー・チャールズ・クラーク Arthur Charles Clarke == ロバート・A・ハインライン、アイザック・アジモフと並ぶ三大SF作...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

アーサー・チャールズ・クラーク Arthur Charles Clarke[編集]

ロバート・A・ハインライン、アイザック・アジモフと並ぶ三大SF作家の一人。

著作リスト[編集]

長編[編集]

短編集[編集]

ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク[編集]

日本版オリジナル短編集

エッセイ[編集]

メモ[編集]

クラークの三原則 Clarke's three laws[編集]

  1. 高名だが年配の科学者が可能であると言った場合、その主張はほぼ間違いない。また不可能であると言った場合には、その主張はまず間違っている。
    When a distinguished but elderly scientist states that something is possible, he is almost certainly right. When he states that something is impossible, he is very probably wrong.
  2. 可能性の限界を測る唯一の方法は、不可能であるとされることまでやってみることである。
    The only way of discovering the limits of the possible is to venture a little way past them into the impossible.
  3. 充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない。
    Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.

話題まとめ[編集]

http://www.cre.ne.jp/writing/IRC/write/2005/04/20050424.html#220001
「十分に古いテクノロジは魔法と見分けがつかない」というジョーク
http://www.cre.ne.jp/writing/IRC/write/2008/03/20080319.html#080000
クラーク死去

資料リンク[編集]

リンク[編集]